アンパンマンは君さと言われていたが、本当に俺だった
見出し画像

アンパンマンは君さと言われていたが、本当に俺だった

この事実に気づいたのは32歳の誕生日を迎える直前だった。ある日目覚めると、違和感を覚えた。どこからか香ばしい匂いがしている。いや、それ自体は喜ばしいことなのだが、香りが自分自身から漂っているように感じた。そして、顔がやたら軽い。

この続きをみるには

この続き: 76文字
この記事が含まれているマガジンを購読する

事情によりお蔵入りになったり、書き途中のまま放置しすぎた記事を下書きそのままで公開して供養するマガジン。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
tencho / note(株)

すべてのリアクションはエキサイティングに生きていくための糧にします。

私もスキです。
note株式会社でエンジニアをやってます。犬派です。 好きな洗剤は「油汚れマジックリン ハンディスプレー」です。よろしくおねがいします。