tencho / note(株)

note株式会社でエンジニアをやってます。犬派です。 好きな洗剤は「油汚れマジックリン ハンディスプレー」です。よろしくおねがいします。

tencho / note(株)

note株式会社でエンジニアをやってます。犬派です。 好きな洗剤は「油汚れマジックリン ハンディスプレー」です。よろしくおねがいします。

    マガジン

    • LOVE自動販売機

      • 55本

      ナイスな自動販売機noteをまとめていきます。noteを自販機で埋めましょう。

    • みんなのお雑煮レシピ

      • 39本

      noteに投稿されたみんなのお雑煮のなかで、材料や作り方がある程度書いてある記事を紹介します。 #わたしのお雑煮 をつけて投稿してもらえた記事も追加します

    • 同僚に自分の代わりに書いてもらったnote

      同僚に自分の代わりに、自分のnoteを書いてもらったよ。

    リンク

    最近の記事

    最高の車で、最高な音楽を掛けながら、大地に散らばる芸術を探しに行く。

    出会いは不純なものだった。 雨季が近づく6月、テレビを見ていると気になるニュースが流れてきた。 美術館にある作品を踏み壊すというなかなかショッキングなニュースである。 そこまで美術館に興味のある人間ではない僕が、やけにこのニュースと美術館が気になっていろいろ調べたりもした。 そこで出会ったのが、新潟十日町で開催されている「越後妻有 大地の芸術祭」だった。 調べれば歴史がながく、街全体に現代アートが展示されている大規模なものであった。まったくしらなかった。世の中知らないこ

    スキ
    30
      • 同僚のFall Guysを見ていたら、ロボット掃除機が届いてキッチン収納が秀逸になった話。

        Fall Guysって知ってます?おもしろいですよね。 知らない人向けに説明すると、ひたすら真っすぐ進んでいく「洋風の風雲たけし城」といった感じです。 キャラクターの造形もとってもかわいい面白いパーティーゲームなんです。 ただこのゲームをやる友達も居ない寂しい自分には一生無縁な存在でした。 先日、このFall Guysが無料プレイできるようになったので、それを口実に同僚とオンラインで遊んでいたんです。夜中に。馬鹿みたいにはしゃいで。 あれはつい先日のAmazon プラ

        スキ
        15
        • テレビのローボード、3分DIY。

          ついに我が家にも4Kの波が来ました。4Kといっても理想の男性として古から言い伝えられていた「高学歴・高身長・高収入・高校の文化祭でバンプのコピーバンドをやるつもりが目立ちたがり屋の友人が加入して最終的に米米クラブみたいになってしまっているけど優しく認めてあげるベーシスト」の4Kではないです。 イカゲーム見たくて日本上陸直後に入って以来のNetflixに加入し、そのまま解約のタイミングを逃し続け、結局ブラックミラー見始めたりして、そんなことしてたら「時代はウルトラ4K HDR

          スキ
          16
          有料
          100
          • 新卒から使い続けた洗濯機を買い替えたら、おセンチな気持ちになった話。

            聞いてくださいよ。ドラム式洗濯機をついに買ったんですよー。何年越しの想いだろうか。 いやー。いいよねー。炊事洗濯が苦手というか嫌いなので、こうしてまた一つ地獄から抜け出すことができたのは嬉しいなぁー。 搬入はだいぶ手こずって、洗面所に入るドアを外すっていう人生初の経験したけど、懸念してたそもそも入らないという自体は回避できたぜ。 よく家事類は時給換算で作業コストと導入コストのはなしをされる方がいらっしゃるので、私も例にもれずに空いた時間は人生を有意義にするために使いたい

            スキ
            29

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • LOVE自動販売機
            tencho / note(株) 他
          • みんなのお雑煮レシピ
            こにたん 他
          • 同僚に自分の代わりに書いてもらったnote
            tencho / note(株)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            アンパンマンは君さと言われていたが、本当に俺だった

            この事実に気づいたのは32歳の誕生日を迎える直前だった。ある日目覚めると、違和感を覚えた。どこからか香ばしい匂いがしている。いや、それ自体は喜ばしいことなのだが、香りが自分自身から漂っているように感じた。そして、顔がやたら軽い。

            スキ
            17

            マッチングアプリについて最近話したことと考察

            マッチングアプリについて前の会社の同期と話した。その中で出たこと考えたことのメモ。

            スキ
            13

            走れwada

            wadaは激怒した。必ず、かの邪智暴虐じゃちぼうぎゃくのniwanoを除かなければならぬと決意した。wadaには政治がわからぬ。wadaは、東京都民である。ホラを吹き、自販機と遊んで暮して来た。

            スキ
            19

            会社にお弁当屋さんを呼んでみた話

            (お蔵入りしたワケ:書いてるうちにコロナ禍が直撃して、会社のお弁当どころじゃなくなったので。) いきなりですが、平日のお昼ってどれぐらいお金かけていますか?

            スキ
            2

            noteに入社して2年とちょっとが経ってた話。

            (お蔵入りしたワケ:書き終わらずどんどん月日が過ぎていき、書ききった頃にはきっと3年目になってそうだったので。)

            スキ
            2

            2021/06/20 明日の準備をする。

            (お蔵入りしたワケ:偶然に周りよりやけに早く予約できてしまって、周りの人が打てるようになるまで出さないことにした)

            スキ
            3

            よりぬき!黒歴史〜2007年のmixi日記〜

            インターネットネイティブ世代の一番怖いことってなんだろうって考えたときに、やっぱり中学生高校生時代の黒歴史が大人になってひょっこり表に出てしまうことですよね。 この記事はとある事情により有料記事を書くことになったので、せっかくなら僕の黒歴史でも販売し成仏させてしまおうかともい、「同情するなら金をくれ」スタイルでいきます。

            スキ
            7
            有料
            100

            袋とじ!iPhoneアルバムの秘蔵写真

            こちらもとある事情で、有料記事を作ってみることになったので写真をいっぱい貼り付けておきますね。

            スキ
            11
            有料
            100

            2021/06/20 幕張に思いを馳せる。

            フランスのワークマンだとかスポーツ用品のIKEAだとかで、話題のデカトロン。あれが幕張にも上陸してたのを思い出した。 自分の青春の地、幕張。 デカトロンが上陸したときに、新しいもの好きなので一度は行ってみたいと思いつつも、神戸あたりにあったので泣く泣く挫折したのを覚えてる。 じゃあ神戸にいけよって話だが、フライングタイガーコペンハーゲン上陸時にトラウマがあるので避けていた。(東京出店時に千葉からわざわざ表参道まで行ったのに、人気すぎて休業。) そんなデカトロンが幕張と

            スキ
            14

            2021/06/06 六本木通りは難しい。

            生まれも育ちも千葉県。 そんな自分も六本木に年に2回訪れる事がある。 それはお墓参りだ。 なぜかしらないけど、千葉の人間なのにお墓が東京にある。しかも六本木近く。 もう生まれたときから、ずっとお正月とお盆は必ず六本木に行く。お墓参りって映画とか見ると山とか川のあるようなごつい田舎に行っておばあちゃんとスイカを食べながら、ご先祖様を敬うものと思われる。 が、我が家はお墓参り = 原宿・表参道でちょっと良いご飯を食べて帰るイベントだ。(たとえば、まい泉) (ここで否定

            スキ
            15

            2021/05/30 今日の一日

            今日の日記書くよ。

            スキ
            12

            2021/05/26 あの現象に名前をつけたい日記

            交換しないつもりで参加した「交換しない日記」だが、思いもよらず交換することになってしまいそうだ。 イケてるディレクタなかのさんのこの日記。 「交換日記」の現実を見せられてしまったが、現実は想像より更にアオハルだった... 1〜3の交換日記どれをみても青春そのもの。自分にはきっとこんな青春はどう頑張っても無理だったろう...だが、無駄なことを考えることは得意だとおもう。

            スキ
            7